投稿

4月, 2018の投稿を表示しています

2018年5月松戸市小金原周辺イベント情報

イメージ
21世紀の森と広場ホタル鑑賞会(30日〜6月1日19時半〜20時半)
場所:21世紀の森と広場

鑑賞会で使われるホタルは21世紀の森の近くの金々作育苗園の中で飼育されています。
NPO、ライオンズクラブ等の有志の方々が30年程前から飼育を始め、鑑賞会も今年で26回目を数えます。
ホタルが飼育されている金々作育苗園ホタルの園


ここでおよそ12000匹ものホタルが飼育されています

鑑賞会に向けホタルも準備着々です^^



先日取材をさせて頂きホタルの飼育に携わっている方々にお話を伺ったところ「多くの人達に参加して頂きホタルの美しさを楽しんでもらいつつ自然に優しい環境づくりについてもう一度考えてもらいたい」とのことでした。
私たちが伺った時見ることのできたホタルは↑の画像の通り2匹のみでしたがそれでも
生で見るホタルの光はとても美しいものでした。当日は広い場所でたくさんのホタルが
放たれるので皆さんも是非、ホタルの織りなす光の芸術を見にきて下さいね。



まつどの江戸時代  場所:松戸市立博物館(開催中)
今月の無料観覧日は3日(木)と18日(金)になります。


こがねはら子ども食堂(再掲載)

イメージ
今日、松戸市小金原の子ども食堂にお邪魔してきた。お店から元気に飛び出してくる

子供たちを尻目に、それを見守る大人たちは子供たちに勉強を教えるべく問題集と格闘中、私が伺ったのはそんな時だった。

子供たちが集える場、子供たちは、そこで食事をし友達と遊び勉強をする。そして何より

そこには彼らの自由がある。だがそれ以上に重要な事は、見知った大人が声を掛けてくれる場所がある。もし自分の身にまたは家族に何かがあった時「あそこに行けばなんとかなる」と思える場所があるという事なのだろう。

私自身今回子ども食堂に伺えた事はとても有意義だったし貴重な体験だったと思う。

しかしその感想をアレコレと述べるのは控えたいと思う。なぜなら私がそれをどれ程言葉を尽くして伝えようとしても、その感じたモノはきちんと伝わらないと思うからである。

故に下記に、このこがねはら子ども食堂の代表である高橋さんの手記を添付しておく。

是非これを読んで頂き、その上で子ども食堂に足を運んで頂きたい。

そしてその事を地域に住む大人の一人として自分が出来る事がないかを考える切っ掛け

にして頂けたら幸いに思う。






松戸市小金原防災情報

イメージ
先日9月8日に行われた、小金原地区防災フェアの模様を
映像です。是非ご覧になってください。
なお、この映像は小金原地区会防災部に作成協力をして頂きました。



松戸市小金原避難所マップ(避難所は緑で表示)

※下記にて紹介の避難所は広域避難所となります。
小金原地域にお住まいの方はまず各町会指定の一時(いっとき)避難所
に集まることになっています。お近くの一時(いっとき)避難所の場所
についてはお住まいの各町会にお問い合わせをお願いします。

小金原地区主要避難所
小金原公園 松戸市小金原6丁目10

根木内小学校
松戸市小金原2丁目3
根木内中学校 松戸市小金原1丁目30
ユーカリ交通公園 松戸市小金原1丁目25

栗々沢中学校 松戸市小金原9丁目25 小金原9丁目25
栗ヶ沢公園
松戸市小金原8丁目26

栗々沢小学校  松戸市小金原7丁目16

松戸市では地震や風水害があった場合に備えて、各種情報を公式ホームページにて   公開しています。是非これらの情報をチェックして、「もしも」の時への備えを